ロゴ

同人誌を印刷して販売してみよう

好きな漫画や小説の主人公を使って、新しい本を作る事ができるのが同人誌の魅力です。ですが、せっかく同人誌を作ったのであれば、それだけで終わりではなく実際に販売をしてみましょう。イベントや通販を活用すれば、自分の本を売ることが出来ます。

自分で作った作品を印刷して同人誌に仕上げよう

漫画原稿

印刷会社によってサービスや入稿の方法が異なる

せっかく同人誌を印刷するのであれば、印刷会社もしっかりと吟味して選びたいものです。印刷会社によって強みも異なりますし、サービスや入稿方法も異なりますので、自分に合った会社を探すためにも複数候補を決めておくと安心です。同人誌専門の印刷会社であれば、大きなイベントに合わせてセットプランがあります。条件に合う印刷会社が沢山あって選ぶ事が出来ない場合には、各印刷会社のプランを確認すると、より安く同人誌を印刷する事が出来るでしょう。また、自分が使っているソフトでは入稿できない可能性もありますので、事前に入稿方法を確認する事を忘れないようにしましょう。少しでもお得に便利に同人誌を印刷するためにも、必ず印刷会社はしっかりと調べましょう。

同人誌が出来上がるまでの手順

印刷機

原稿を作成する

同人誌を作るために、まずは原稿を作成しましょう。アナログでもデジタルでも各印刷会社によって入稿方法が異なりますので、必ず事前に確認をしておくと、後で二度手間にならずに済みます。印刷会社のサイトからテンプレートがダウンロード出来る場合もあるでしょう。

印刷会社に発注をする

原稿が用意出来ましたら、印刷会社に同人誌の発注をしましょう。部数やページ数、装丁などを決めておくとスムーズです。また、イベント前の繁忙期には、事前に予約が必要な場合もありますので、早めに印刷会社を決めておくと安心です。

指定場所に納品

入稿された原稿の内容に不備が無ければ、印刷をして納品されます。イベント前であれば、直接イベント会場に納品をしてもらうことも出来ますので、事前に必ず指定をして下さい。また、その際には搬入期限までに納品可能かどうかを、問い合わせておくと良いでしょう。

完成するまで余裕を持って入稿しよう

印刷会社に同人誌の印刷を依頼するのであれば、完成するまで時間に余裕を持ったほうが安全です。間に合わないからといって、ギリギリに入稿をすると、急な修正が発生したときに納期が間に合わない可能性が出てくるでしょう。

漫画雑誌と同人誌の違いを比較

出版社が関与しているか

漫画雑誌は自費で出す同人誌とは異なり、出版社を通して本を出します。商業誌という分類になり、作者は漫画を作るのに一切費用は掛かりませんが、企画や編集など出版社の意見が反映される事が多々ありますし、複製や販売の権利も出版社が持ちます。

流通経路が異なる

同人誌は漫画雑誌とは異なり、同人誌即売会で自分の作った本を売るのがメインになります。その他にも印刷通販を活用したり、インターネットダウンロード販売したり、委託販売したりするなど様々な販売方法があります。その代わり、一般的な本屋に同人誌が並ぶ事はありません。

卓上カレンダーの購入申し込み

広告募集中